yogaと歩むmanzanitaの心の散歩


by manzanaroja
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Ninos<こども達>( 3 )

キッズトイレ

敬老の日。
ばーばを囲んで家族ディナー。
めずらしく、大学生の妹もやって来た。
ちょっと会いに行くだけでうれしそうにしてくれるばーばを見ていると、
来てよかったって、心から思います。

うちのばーばは、我が家への2大障害「長い坂道、5階までの階段」も何のその。
うちにもよく遊びに来てくれる元気なばーばです。
「来月で77だよ、やんなっちゃうね~あっはっはっは~!」って、今日も笑ってた。
元気の秘訣は「毎朝4時から多摩川の土手を懐中電灯持ってお友達と歩くこと」だそうです♪

b0120173_23553435.jpgさて、ばーばとのディナーで出かけた川崎ラゾーナ。
そこで、素敵なものを発見してしまいました!
キッズ専用トイレ!!!

保育園などにあるようなキッズサイズのトイレと手洗い場が、
専用のスペースとして用意されているのです!
普通のショッピングモールでこういうスペースを見たのは初めて。
感動してしまいました!
最近のモールには標準装備なのでしょうか??

トイレに興味を持ち始め、なんとなくお家でもトイレでの排泄に成功したりする1歳半~2歳。
「何でも自分でやりたい」という気持ちも高まっている頃ですよね!
トイレ待ちで並んでいると、個室の中から
「もういいから、いいから!!」(ママ)
「うわぁぁ~~~ん!!」(子)
という会話がよく聞こえてくることがあります・・・。
両者の気持ちが痛いほどよく分かる。

トイレトレーニング真っ最中の3歳前後。
外出先でのトイレの成功、自信がつきますよね!
しかも、自分に合ったサイズのトイレで、大人の助けなしにできたら。
きっと、鼻高々ですよね~!

子どもの心の発達に配慮した素敵な設備だと思います♪
いろいろな場所で、こういうキッズトイレが出来たらうれしいなぁ。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-17 23:49 | Ninos<こども達>

4才のあらぼん

b0120173_21312196.jpgQ太郎ママの新盆。
群馬では「あらぼん」と呼ぶそうです。

長男であるQ太郎が中心となり、
お姉ちゃん夫婦、私の、いわゆる「若い者たち」で大奮闘!!!
たくさんの失敗。親戚やご近所とのお付き合いの難しさ…。
すべてを投げ出したくなるほどでした。

そんな中、4才の甥っ子の存在は、とっても大きかった!
彼の目線でお盆を経験することで、原点に戻ることができたのです。


b0120173_21554438.jpg馬と牛の人形を置くとき。
精霊棚の前で手を合わせるとき。
お墓に霊をお迎えに行くとき。

すべてが「?」の甥っ子。
ひとつひとつ説明をしていると、
「慣習」に縛られていた自分に気付きます。
本来の意味、本来の心が戻ってきます。
みんなの顔に笑みがこぼれます。

そして、すべての行為が豊かで温かいものに変わる。


b0120173_21561179.jpg
涼しくなった夜。
Q太郎ママとやりたくて、ずっと出来なかった花火を。
甥っ子とやりました。
初めての手持ち花火に大興奮の甥っ子!
最高に楽しかったです!!!
[PR]
by manzanaroja | 2007-08-15 22:11 | Ninos<こども達>

じーじ子育て論

b0120173_21371481.jpg

今日は幼児リトミックに潜入!!

友達Aちゃんの体調不良を受け、
先週からママ代わりでクラスに参加しています。
保育士の仕事を辞めても、こどもは大好き!
私自身も大はしゃぎです。

b0120173_21351831.jpg
1歳9ヶ月のMちゃんは、最近言葉もよく出るようになり、
自分の気持ちを一生懸命伝えようとしてくれる。
大人の言っていることや、周りの状況もよーく理解しています。
小さな頭でいろんなことを考えているんだね。
彼女が全身で発している表現を受け止め、語りかければ、
大人同士と同じくらいコミュニケーションが取れるんです。
こどもって、私たちが思っている以上に大人なんですよね。


b0120173_2136939.jpgMちゃんは今日、実はママとはかなり久しぶりの外出。
うれしくてウキウキして、朝からニッコニコ。
一時だってママから離れたくないはずなのに。
「今日はManzanitaとリトミックしようね。ママはあそこから見てるよ。一緒に踊ってるところをいっぱい見せてあげようね。」
と言うと、「うん、うん。」大きく頷いた。
そして約1時間のクラス中、一度もママのところへは戻ることなく元気に踊ってくれた。Aちゃんも私もちょっと驚いてしまった。


家に戻ると、Mちゃんの“じーじ”が素敵な子育て論を語ってくれた。
「教育は共育である。」
こどもと同じ視点に立ち、共に生き、育む。

こどもだけじゃない。
人と人との関係って、ここから始まるんじゃないかな。
“じーじ”の言葉に胸が熱くなりました。


Aちゃん・Mちゃん・じーじ、素敵な時間をありがとう!
[PR]
by manzanaroja | 2007-07-25 21:49 | Ninos<こども達>