yogaと歩むmanzanitaの心の散歩


by manzanaroja
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Arte<アート>( 8 )

りんごハク!

b0120173_19471985.jpg

まちにまった林檎博!!!
行ってまいりました、さいたまスーパーアリーナへっっ!!!
(小旅行でしたっ!)

初のアリーナはとてつもなく広大で・・・!?
お連れのダンサーMちゃんと、
「こんなステージで踊りたーい!」と始まる前から大興奮しきり♪

そしていよいよ始まると…
一曲目から大好きな曲で(結果的に全部大好きなのだけれど)、
自分の中のミーハーみー子ちゃんがいきなり大暴れな感じでした!

彼女のステージは演出がすばらしい。
「ライブ」というより、やっぱり「舞台」と呼ぶのがふさわしい。
彼女の視線、指先の動き、声の表情…根っからの舞台人なのでしょう。

自作自演のこだわりがズバッと私のツボにはまって、大いに楽しませて頂きました♪

中でも、純平兄とのデュエットや、息子君のかわいらしいナレーションといった、
10周年らしい演出は涙ものでありました!

そして最後の私的サプライズが、エンドロールでお知り合いの名前を発見したこと。
もうお会いすることはなかなかないのでしょうが…。
かつて共にお酒を飲んだ方が活躍されている姿を見ると、ほんとうにうれしくてたまらないっ!
パワーをもらいます♪

好きなアーティストの曲を、こうやって新旧目白押しで、しかも生の大迫力で聴くと。
その時々の思い出が蘇るものですね…
一度は頭の中がぐっちゃぐちゃになりますが。

歩んできた道に間違いなんてひとつもない。
反省すべき点はあっても、後悔なんてひとつもない。

みんなそうなんだと思うのです。
その時々の自分らしい選択をしてきただけ。

共に林檎博を満喫したMちゃんとは、実に運命的な出会いをしていて。
お互いに、あの時ちょっと違う選択をしていたら…
きっと出会っていなかったし、ましてや親友になんてなっていなかった。
それだけに、感じるものが強かった。

すべての出会いが、偶然のようで、必然なのです。
出会えてよかったね。
これからも一期一会を大切に。
熱く語らう夜でした♪
b0120173_19471999.jpg
ありがとう、林檎ちゃん。
すてきな音楽をいつまでも♪
これからも心より応援しています!
[PR]
by manzanaroja | 2008-12-01 19:47 | Arte<アート>

りんご日和

椎名林檎のライブが当たった!!!
狂喜乱舞♪♪♪

ここ1・2年、椎名林檎が大好きで。
東京事変ともによく聴いています。

…今さら?
…やっぱり?
…いつも遅いんです。いいんです。(笑)

彼女のバラエティに富んだ世界観と一貫した林檎色が好きなんですよね。
矛盾してるようですが。
舞台を見るようでいつも感動します。

でも、manzanitaと林檎さんは関係ありませぬ。
たまたまです(笑)


デビュー10周年アルバムを買って、ダメ元で先行発売の抽選に応募してみたら…
当たった!!!
(こういうのって結構当たるものなのかしら?)


いやぁ、楽しみです、11月が♪

ランチのパンナコッタが「りんごのソルベ」に変わって出てきたりと。
りんご日和です♪
[PR]
by manzanaroja | 2008-08-04 14:22 | Arte<アート>
Disney SEAへ!!!
3歳のときから、少なくとも年に2回は足を運んでおりますが。
なんとクリスマス期間は初めて!!!大興奮です!!!

b0120173_3292100.jpg基本、お目当てはショー。
なんてったって、中学のときはDisneyダンサーになるのが夢でした。
Disneyでショーを見るたびに、胸が熱くなります。
「笑顔で手を振るダンサーさん。それを見て喜ぶ子どもたち。」
この構図はとくに弱く、感動で涙が。
こんなにも夢に溢れたステージはないのではないかっ!
私もそこで踊りたいっ!

b0120173_336081.jpg
大好きな「Big Band Beat」もクリスマスバージョン♪
やはり、やはり、すばらしく。
「これで帰ってもいいくらい」とQ太郎。確かに。
“魅せる”“楽しませる”“夢を与える”という点において、
Disneyはいつも完璧な演出。
エンターテイメントってこういうことね、と勉強になります。

「Mystic Rhythm」では、アクロバティックな動きに圧巻。
あの体勢を空中で維持するなんて!どれだけの筋力~!?
苦手な腹筋もがんばって鍛えよう!と心に決めたのでした。
(しかし、そんな中。キレのない動きをしている男性ダンサー約2名。
目立ってます!これにはちょっとガッカリ。他の出演者がいいだけに・・・。)

b0120173_3303184.jpg
日が沈むと、パーク全体が
クリスマスならではの温かい光に包まれる。
水上のクリスマスツリーを
ゴンドラに乗って近くで見れたのはラッキー♪
コロンビア号前のツリーも豪華でしたよ!

とは言っても。
躍る心とは対照的に、冷え切る身体。
とにかく寒かった!凍え死ぬかと・・・。
しかし、こうして写真を見返していると、
また行きたいと思ってしまうのが。
これまたDisney Masicなのでしょう!

さて、次はいつ行きましょう♪
[PR]
by manzanaroja | 2007-12-24 04:06 | Arte<アート>
b0120173_23482929.jpg
UAの歌がやけに心に響く。
ある時、『黄金の緑』を耳にしてから。
心が鳴った。

大抵の場合、私は初めて聴く曲の歌詞を全く聴いてない。聴こえてこないと言うべきか。
歌声は楽器のひとつという感覚でいるのかな。
だからこそ、一度でそのメッセージが入ってくる曲には、特別なものを感じずにはいられない。

そして実は。恥ずかしながら、彼女の曲をまともに聴いたことが今まで一度もなかった。
「いい曲」と思うくらいで、交わることはなく。それが突然、グッと距離が縮まってしまった。
不思議なもので、気になりだすとインタビュー記事やら何やらが自然と手元に集まってくる。
彼女の人となりとか、アーティストとしての歩みとか、考えてることとか。
響いた。響きまくった。

彼女が音楽を通して伝えようとしてること。
私がyogaを通して伝えたいこと。
すごく似ている気がした。
自分の中のセンターを感じることだったり、自然との繋がりを知ることだったり。
「いま」を享受することの大切さだったり、子どもという存在から学ぶことがらだったり。

彼女はずっと発していたのかもしれないね。
いや、今の彼女だから発することができるのかもしれない。
そうは言っても、数年前の私ではそれをキャッチできなかったわけで。
それをいま、感じられること、共有できることがなんだかうれしい。
めずらしく、アルバムというものを自分で購入してしまった。
b0120173_0431157.jpg
今夜は、UAを聴きながらサンマを頂く。
なんだか、身の回りにあるすべてのものが繋がっている感覚。
サンマもご飯も野菜たちも。全部自分と繋がってる。
10倍も20倍もおいしく感じられた。
「おいしい!」の言葉が、笑顔をさらに豊かにしてくれる。
明日のためのご飯を研ぐ。一粒一粒が大切に思えて仕方がない。
小さなものの先にある、大きなもの。
すべては繋がっているから。手の届く範囲でいい。
大切に思ってる気持ちを、行動に移していこう。
[PR]
by manzanaroja | 2007-10-29 23:58 | Arte<アート>

Swan Lake

b0120173_20463477.jpg
「氷の上のスワン・レイク」
初日に行ってまいりました!

号泣です。
とにかく感動しました。
最後は自然と立ち上がり、
「ブラボー!」と叫んでいました!
ありったけの拍手を送りながら。


これまでも、何度かバレエの「白鳥の湖」を観てきました。
しかし、今回はフィギュアスケートの「白鳥の湖」!
しかも、広いリンクではなく、氷を張った舞台上での演技です!

舞台に氷を張る技術。
効果的な舞台美術。
スケーター各個人の技の完成度。
狭い舞台で大技を次々と披露するテクニック。
動きを計算し尽して作られた美しい衣装。
観客を最後まで飽きさせない演出の数々。
バレエの動きを巧みに取り入れた振り付け。

素晴らしいところを挙げたらキリがない!
そんな中、私の心に最も響いたのは、まぎれもない、スケーター達の演技力です!
スケーティングは、あくまでも物語を表現するためのひとつの手段でしかない。
そう感じさせるほど。

フィギュアスケートは昔から大好き。
最近の日本人選手の活躍はうれしい限りで、熱心に応援しています。
けれど、いつも残念に思うのが、選手たちの表現力なんです。
どうしてもテクニック偏重のきらいがあります。

かつて、フランスのフィリップ・キャンデロロ選手や、
アメリカのミシェル・クワン選手の演技に心打たれました。
彼らの演技は、まるで舞台を観ているかのようで。
短い曲の中で、そのストーリーを全身で演じきっていて。
最高のエンターテイメントだと思います。

競技という性質上仕方がないのかもしれません。
テクニック道を通った上での成長なのかもしれません。
人の人生もそうですもんね。
まずはがむしゃらに経験して、必死に勉強して。
そして、年と共に深みを増していく。
そういう意味で、今回の「スワン・レイク」は「深みを増したスケーターたち」からの贈り物。

日本には、こうしたエンターテイメントとしてのフィギュアスケート文化があまりないので、
ぜひとも多くの人に知ってもらいたいと感じました。
そして、そういう文化が日本にも根付いてくれたらうれしい。
日本の若いフィギュア選手たちが、現役を退いた後、
ますます深まっていくであろうその演技を披露する場がもっとあったら。
素敵ですよね。
b0120173_2054236.jpg

[PR]
by manzanaroja | 2007-08-30 21:32 | Arte<アート>

浅草サンバカーニバル

b0120173_20184154.jpg
ひさしぶりの浅草サンバカーニバルへ!!!

実は私も、学生時代に2回、
このカーニバルに出場したことがあります。
もう7年も前のことか。早いなぁ。

ウニアン・ドス・アマドーリスという学生のチームで、クイーカという楽器をやっていました。
学生チームといっても、百人単位の大所帯。
Sambaを愛して止まないOB/OGたちとともに、優勝を目指して毎年がんばっています。
衣装も山車も手作り。奏でている音楽もオリジナルなんですよ。夏休みは、楽器の練習と衣装作りに明け暮れていたのを思い出します♪

卒業後は何かと忙しく、足が遠のいていた浅草。
ところが、なぜだか今年は無性に行きたくて仕方がない。
yogaのクラスを終え、急いで駆けつけました!!!
地下鉄の階段を1段上るごとに、あのリズムが近づいてきて、胸が高鳴ります!

b0120173_2046211.jpg見えてきました、パレードとお客さんの山!!!
子供たちがかわいい衣装をまとい、
大人顔負けの笑顔で手を振っていたり。
おじいさんおばあさんも、楽しそうに踊っていて。
そして学生の強烈なパワー!
年齢や国籍を超えて、これだけの人たちが集まり、
Sambaでみんなが笑顔になる。素晴らしいですね。

b0120173_20255480.jpgお客としてカーニバル全体をしっかり見たのは今回が初めて。
どのチームも、それぞれの個性が溢れていて本当に素敵です。
大いに楽しませてもらいました。
でも、ひいきなしで、やっぱりウニアンが一番だった!!!
優勝おめでとうございます!!!
あの統一感とパワーは最高でした!!!感動をありがとう!!!

(※写真は全てウニアンのものです♪)

そしてこの日、浅草に来たことで、かつての仲間に山ほど再会することができました!
Sambaでみんなつながっているんだなぁ。うれしくてたまらなくなりました。
[PR]
by manzanaroja | 2007-08-26 22:00 | Arte<アート>

フラットな敷居

b0120173_2543735.jpgWatt.Labo.(ワットラボ)のライブへ行ってきました!!!

踊りも芝居も音楽も。やっぱり私はライブがいい!!!
その場にいるすべての人たちで作り上げていく感覚。
最高にワクワクします!!!

b0120173_2331433.jpgそして、今日訪れたGrapefruit Moon
ライブハウスでありながら、カフェのように落ち着ける。
かなりお気に入りのスポットです。
こういう、ゆったりとナチュラルにライブを楽しめる空間、
もっともっと増えてほしいなと思います。
なーんにも気張らずに、老若男女、みんながふらっと立ち寄れて。
ライブがもっと身近に感じられるようになったら。
豊かになれると思いませんか?

b0120173_17335897.jpg踊りも芝居もそう。
目に見えない敷居の高さが存在する。そう感じることがあります。
なかなか出会う機会がなかったり。出会おうとしても、
ちょうどいい空間が日本にはすっぽり抜けている感じ。
もっともっと、習慣になってほしい。
表現すること。それを受け止めて返していくこと。
このキャッチボール。もっともっと身近にあるべきだなぁと感じます。

いずれにせよ、足をのばした先には何かがあるものです。
懐かしい人とも再会し。軽い話や深い話。笑ったり、考えたり。
心地よい、素敵な時間でした♪
[PR]
by manzanaroja | 2007-08-25 03:24 | Arte<アート>

はじめての「音楽」

Q太郎が「カヴァキーニョ」というブラジルの弦楽器を弾いてる。
お酒を飲みながら、2人で歌ったり踊ったり。
家でこんなに開放的な気分になれたのは久しぶり!!!
ブラジル音楽、大好きです。

b0120173_2151190.jpg大学生のとき、ブラジル音楽と出会って。
ブラジルの音楽文化と出会って。
「音楽」が私の中で突然大きな存在になった。

それまでも、ずっと踊っていた。
もちろん、音楽と一緒にね。
けれど、「音」を全く感じていなかった。
きれいに見えるように身体を動かしていただけ。

初めての感覚だった。
あのリズムにのせられて、いつのまにか、身体が動いてる。
揺さぶられて、いつのまにか、心が小さな器を飛び出していて。
大きく大きく広がって、いつのまにか、周りにいる人の心と交わっていて。

音痴だし。楽器も下手だし。全然詳しくもない。
でも、必ずこのリズムに帰ってきてしまう私。
ホッとして、心も身体も一番自然なところに落ち着く。
そして、たくさんのエネルギーをもらえる。

yogaと同じ。
私のバランス探しを手助けしてくれるもの。
「生活の中の音楽」、大切にしていきたいな。
[PR]
by manzanaroja | 2007-08-17 22:53 | Arte<アート>