yogaと歩むmanzanitaの心の散歩


by manzanaroja
カレンダー

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

満月に乾杯

b0120173_17381744.jpg【プラッサオンゼ】へ。
知る人ぞ知る、ブラジリアン・ライブレストランです。
ブラジル音楽が好きだ~なんて会社で話していたら、みんな興味を持ってくれて。お店とは顔なじみのQ太郎をガイド役に付け、会社の人と行ってまいりました!
何年か前まで、年越しはいつもココで過ごしていたんだけれど。なんだかんだと久しぶり。でも、一歩入ったら、その温かい雰囲気、変わってなーい!オーナーさんの飾らない口調と笑顔も最高でした!

今回お連れしたのは、超セレブだけど気取らず笑顔の素敵な年配上司と、同い年だけど私とは月とスッポンのスーパークールビューティー!同じ島で毎日一緒に仕事をしている2人ではありますが、ブラジル音楽は初めてとのこと。楽しんでもらえるかなぁ~と、私もちょっぴり緊張していたわけです。
まず最初の難関。浮世離れしたうちのQ太郎が、この2人を前にどう出るのか・・・。気が気ではなく。ドン引きしたら・・・・・・。はい、さすが懐の広い2人。Q太郎の「オネエキャラ」にも全く引くことなく、終始大笑いでございました!Q太郎も、すごく丁寧に曲や楽器の説明をしてくれて。ありがとう!不思議な集団の、不思議な化学反応でありました。

そしてこの日のアーティストは「BOTO」。フォホーというブラジル北東部の音楽を2ステージたっぷりと披露してくれました。8人編成で、迫力も満点!素人で細かいことはよく分かりませんが、とにかく心地よくて、自然と身体が動いていました。お酒も10倍くらいおいしく感じました。素晴らしい!セカンドステージになると、お客さんも立ち上がって踊りだし、さらに大盛り上がり。どうしようかなぁ・・・と悩んだが、我慢しきれず私も踊りの輪の中へ~♪初めて会う人とも手を取り合って楽しめちゃうの、やっぱりいいですね!思い切って会社の2人も誘ったら、ガンガン踊ってくれちゃった!?職場では見られない一面をお互いに分かち合えました。

b0120173_19454336.jpgおいしいお酒とお料理、そして素晴らしい音楽には、
みんなを笑顔にする魔法の力がある。幸せです!
最後はカイピリーニャでこの日の満月に乾杯!

プラッサで出会ったみなさん、本当にありがとう。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-30 18:56 | Alegria<喜び>

燃え上が~れ~♪

b0120173_055332.jpgお彼岸は群馬で過ごした。
暑さ寒さも彼岸まで。本当だ。ほんのり肌寒い。

駅の階段を下りると、迎えに来てくれた甥っ子と目が合う。
お互いにニヤッ。同時に走り出して追いかけっこスタート!
あっという間に汗ダクになってしまった。

「いーんだよー!!」「うるさーい!!」「人のこと言わないでっ!!」

b0120173_082211.jpg会うたびに、新たな生意気ワードをお披露目。
それを吐きすてる間がなんとも言えず、グッときてしまう。
チャイルドシートに座る姿もかなり笑えた。
何でも思い通りにならないとダメな時期でもあるらしく。
泣いたり、笑ったり、叫んだり、すねたり、甘えたり・・・。
とにかく忙しい。
小さな彼に、大人が完全に振り回されていて。
真剣に作戦を練る自分たちが、またおもしろかった。

b0120173_07046.jpgそんな全員の足並みが唯一そろったのが・・・ガンダム
「燃え上が~れ~、燃え上が~れ~♪」
オープニングで一致団結!?
ガンダム世代の親と、その子ども。
語る視点と尺度は違えど、
親子が同じことに夢中になるってなんだか素敵だね。
私もQ太郎の影響で片足つっこんでるから、すっかり輪の中。
結局、何話見たのかなぁ。
とりあえず、「シューーーーー!」のタイミングは最高に合ってたね!
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-25 23:44 | Familia<家族>

Lavado

b0120173_22273962.jpg洗濯がすき。
家事の中で、一番すき。

洗濯機を開ける瞬間。
ハンガーにひとつひとつかけていく瞬間。
しわやよじれを正す瞬間。
ベランダに並べる瞬間。
すべての作業がすき。

b0120173_22281241.jpgそれぞれの作業にも自分なりのこだわりがあったりして。
うまくできると清々しい。
自分の心もキレイに洗われて、整えられていくような感覚。

風に揺れる彼らを眺めながら、リビングでコーヒーを飲むのがすき。
その先に見える空の青さ。
窓から差しこむ光。
いま、自分が平和な時を過ごしていることに感謝する。

彼らをたたむのは、もっとすき。
汚れが落ちたラッキーなやつ。
どうしてもキレイにならない残念なやつ。
b0120173_22284863.jpgお気に入りの服。
引退して部屋着になった服。
回を重ねるごとに少しずつ色があせて、よれてくるタオル。
すべてが愛しい。
何気ない生活の歴史が刻まれているような気がして。

洗剤と太陽の香りに包まれた彼らを元の場所に戻してあげる。
クローゼットの扉をそっと閉じる。
また明日からがんばろうって、満たされる。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-23 22:34 | Vida cotidiana<日常>

おもてなし

b0120173_0245446.jpg土曜日は語り合う。
yogaのレッスン後、ジャイロキネシスインストラクターのsayaと
ランチ+お茶でざっと3時間のパターン。
テーマは毎回いろいろで。
今日は「おもてなしの心」について。
えぇ、熱く語っていたそのときですよ。
怪しいコーヒーが運ばれてきた。
…えらい不思議な味。辛いというかなんと言うか、のどがピリピリッ。

気になって、担当の女性店員に何の豆を使ってるのか聞いてみた。
「!?・・・少々お待ちくださいっ!」
しばらくして。
「オ、オ、オリジナルコーヒーとしか書いてありません!」
なんだそれ!店員の対応と慌てぶりに苦笑。
それでもなんだか気になって、sayaと真剣にコーヒーを検証する。

味・・・アルコールっぽい。胃が熱くなってくる。しまいには、sayaに酔いの兆候が・・・
香り・・・やっぱりアルコールっぽい。うん、アルコール。
近づきすぎて、うっかり鼻からコーヒー吸っちゃいましたよ!まったく!

結論→何らかの理由でアルコールが混入したに違いない!

別の男性店員に検証結果を伝える。
「あぁぁーー!」と遠くで店員の声が聞こえる。やっぱり…。
男性店員、無表情で戻ってくる。
「申し訳ありません、入れなおして参ります。」
えっ!?えっ!?原因は何だったの??

新コーヒー来る。
なんのこっちゃない、普通の、薄くてまずいコーヒー。
なんだったんだーーー!?理由を言え~~~!!

と、しばらくして女性店員が来る。
「先ほどは大変申し訳ありませんでした。」
おぉ!ちゃんと謝りに来たではないか!少し見直す。
「本当は水を入れるところ、私が間違えて、別の水を入れて作ってしまいました。」
別の水って何?何?何?
水だったら普通の味するでしょ?アルコールじゃなくて???

なんだか滑稽すぎて、怒る気もおこらず…。
店員がいかにも天然キャラで、使えない感じだったせいもあるが。
sayaと大笑いでした。
お代も普通に取られたしね。

でも、冷静に考えるとチト怖い・・・
何かの薬剤とかが入ってたんだったら最悪ですよね!?
飲食店って、信頼の上で成り立っているものなんだと痛感。
明日の朝、別の世界に行っていないことを祈ります。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-22 23:59 | Comida<食>

低空飛行

b0120173_21255782.jpg閉店後の美容院へ。
名前を告げると、「いやぁ~、元気~?」といつもの笑顔が出てきた。
「ひまわり」そのもののような笑顔。大好き!
メイクモデルとして、彼女の練習にお付き合いです。

Sは、大学の入学式で私が最初に知り合った同期。
それ以来、語科も同じ、クラスも同じ、サークルも同じ。
極めつけに、苗字も同じ。

b0120173_21262997.jpg「まったく、○○姉妹は低空飛行ですねぇ。」
1回生の学年末、教授に言われたのが今でも忘れられない(笑)
スペイン語のできない奴らでした!
無器用な奴らでした!

メイクをしながら、ときおり私の顔をじっと見つめるS。
真剣な目。
彼女らしい丁寧な仕事。

卒業後、資格を取って畑違いの道を歩んだ者同士でもあるから、
こうやってがんばってる姿を見るとほんと元気をもらえるな。
同時に、悩んでることもなんとなくよく分かる。

b0120173_21265019.jpg終電間際、一杯だけひっかけて解散。
駅まで全速力で走った。
「近いうち、絶対また会おう!」
握ったSの手は少し荒れていて、職人なんだなって感じた。
彼女を指名できる日が楽しみ。

お互い無器用だけど、ゆっくりマイペースに進んでいこう!
低空飛行だって、目的地まで必ずたどり着いてやる!!!
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-21 21:00 | Amigos<友>

キッズトイレ

敬老の日。
ばーばを囲んで家族ディナー。
めずらしく、大学生の妹もやって来た。
ちょっと会いに行くだけでうれしそうにしてくれるばーばを見ていると、
来てよかったって、心から思います。

うちのばーばは、我が家への2大障害「長い坂道、5階までの階段」も何のその。
うちにもよく遊びに来てくれる元気なばーばです。
「来月で77だよ、やんなっちゃうね~あっはっはっは~!」って、今日も笑ってた。
元気の秘訣は「毎朝4時から多摩川の土手を懐中電灯持ってお友達と歩くこと」だそうです♪

b0120173_23553435.jpgさて、ばーばとのディナーで出かけた川崎ラゾーナ。
そこで、素敵なものを発見してしまいました!
キッズ専用トイレ!!!

保育園などにあるようなキッズサイズのトイレと手洗い場が、
専用のスペースとして用意されているのです!
普通のショッピングモールでこういうスペースを見たのは初めて。
感動してしまいました!
最近のモールには標準装備なのでしょうか??

トイレに興味を持ち始め、なんとなくお家でもトイレでの排泄に成功したりする1歳半~2歳。
「何でも自分でやりたい」という気持ちも高まっている頃ですよね!
トイレ待ちで並んでいると、個室の中から
「もういいから、いいから!!」(ママ)
「うわぁぁ~~~ん!!」(子)
という会話がよく聞こえてくることがあります・・・。
両者の気持ちが痛いほどよく分かる。

トイレトレーニング真っ最中の3歳前後。
外出先でのトイレの成功、自信がつきますよね!
しかも、自分に合ったサイズのトイレで、大人の助けなしにできたら。
きっと、鼻高々ですよね~!

子どもの心の発達に配慮した素敵な設備だと思います♪
いろいろな場所で、こういうキッズトイレが出来たらうれしいなぁ。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-17 23:49 | Ninos<こども達>

Felicidades!!!

b0120173_135576.jpgフラメンコ仲間の結婚パーティー♪

久しぶりに踊ったフラメンコは・・・・・・ご愛嬌!

みんなで踊れたことが幸せ。
みんなでお祝いの気持ちを表現できたことが幸せ。
みんなで花嫁を囲んで笑い合えたのが幸せ。


学生時代の友人との再会も、すごく新鮮だった。
みんな全く変わってなくて。でも、歩んできた分だけ、確実に深みを増していた。
学生の頃とは違う部分で、お互いに引き込まれる。
ここから始まる付き合いが、また楽しみになった。

いっぱい感動して、いっぱい笑った。
とにかく楽しかった!

b0120173_0532516.jpgたくさんの人たちの、たくさんの想いが溢れていたパーティー。
心に温かいお土産をたっぷりもらいました。

おめでとう。そして、ありがとう!

このパーティーのように、二人らしい家庭を。
温かくて笑顔に溢れた家庭を築いていってね。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-16 23:54 | Alegria<喜び>

足のウラ

b0120173_18512572.jpg【私の休日スタイル】
 ①お化粧はしない。
      ~身体全体で深呼吸するために~
 ②身体を締め付ける服は着ない。
      ~心も身体も開放するために~
 ③時間を気にせず何かをする。
      ~自分のリズムに戻るために~
 ④ぺたんこ靴で過ごす。
      ~大地を感じるために~

①・②は、かなり昔から。
ヨガではすっぴんが一番です。気持ちよく汗をかけますからね♪
そして、終日ヨガウェアで楽に過ごしてあげると、
それだけでアナハタチャクラが開いていくような感じがします。
色々なことが五感を通じてすぅーっと入ってきます。
レッスン後の渋谷の街を、いつも「すっぴん+ヨガウェア」で歩いておりますよ!

③は、「睡眠」が一番多いかな。

④は、最近始めたけれど、一番大事だなぁと感じること。
平日は、終日ヒールでオフィスワーク。
地面との距離を感じます。
今週は連日帰宅時間が遅かったせいか、金曜の午後に「もうだめ!」と、限界に達した。
足が痛いからではなく、足のウラを地につけたかった。
「えぇぇ~い!」と裸足で部内を歩き回ってしまいました。

足のウラ全体で大地を感じると、安心します。
「自分がここに立っている」という感覚がはっきりする。
ベースは大切です。
だから、ヨガのポーズ中も、常に足のウラの感覚を意識するようお話してます。
  足の裏から大地を感じて。
  自分と大地とのつながりを感じて。
  エネルギーを吸い上げる。

そういういう意味で、子どもたちにはぜひ裸足の経験をたくさん持ってほしい。
最近は、「危ないから」「冷えるから」といってすぐに靴をはかせてしまいがちですものね。
みんなで安全な環境を用意して、
子どもたちに思い切り大地を感じさせてあげたいですね!
そして、私たち大人も!
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-15 19:58 | Naturaleza<自然>

のんべえ

のんべえな一週間。
そこに人が集まることが楽しい。
たわいもない話で笑い合えるのがうれしい。

「どうせなら、何でも楽しい方がいい。」
心からそう思えるようになった。

イッカイ弾けたから。
面積が少し広がったか。
こうやってパチパチ弾けながらおばあちゃんになったら、
全部を包みこめるようになるのかな?

いやいや、空は広い。広いよ。
包めるのはほんの少しだね。
抱えようとせず、受け止めるクッションをふかふかにしておこう。

b0120173_16231160.jpg背中丸めてないで、自由に飛び回ろうよ。
みんなが飛ぶスペースは
いくらでもあるんだって。

衝突は痛いもんね。
しかも、自分で作ったトンネルの中で。
身体中ぶつけながら飛ぶんじゃ辛いよ。
見て、アザだらけだもん。

大空を飛ぼう。
時に翼をパタパタさせてさ。
疲れたら風に運んでもらってさ。

そんで、見つけたら集まって飲もうね。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-14 23:49 | Alegria<喜び>

La vida

久々に会う人から、思いもかけないニュースを聞くことがある。
うれしいニュース。
悲しいニュース。
そうして、会わなかった月日の長さを感じる。
同時に、その人との距離がまたぐっと縮まった感覚を覚える。

昨日、うれしいニュースを聞いた。
私たちに演じることの楽しさを教えてくれた彼が、結婚し、パパになる。
うれしくてうれしくて、胸が高鳴った。

昨日、悲しいニュースを聞いた。
いつも私たちを優しい空気で包んでくれた彼が、自ら命を絶った。
悲しくて悲しくて、涙が止まらなかった。

いま、私たちの周りではいろんなことが起こりすぎていて。
なぜ?どうして?
答えが見つからない。

“Esto es la vida.” (それが人生というものだよ。)
ペルー人のCが、遠くを見つめながら。
そして、穏やかな口調で言った。
様々な世界を見てきた彼の言葉。
還暦を過ぎてもなお、新しい世界に飛び込んでゆく彼の言葉。
説得力があった。

そうなんだろう。
いまが特別なわけじゃない。
いつも、いろんなことが起こってる。
それだけ、多くの人と触れ合って、多くのことに目を向けているってことなんだと思う。
そして、これからさらにいろんなことが起こっていくに違いない。

生きている限り、その時は永遠には続かない。
永遠を求めた瞬間、きっとひずみが起こるんだろう。
変化を受け入れて、生きていこう。
[PR]
by manzanaroja | 2007-09-10 23:50 | Encuentro<出会い・発見>