yogaと歩むmanzanitaの心の散歩


by manzanaroja
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ぼるだりんぐ

b0120173_17413123.jpg

フリークライミングに初挑戦!
よく、めざましテレビの中継とかで、新人アナウンサーがチャレンジしていますよね。
おもしろそうだな~なんて思って見ていましたが。

こんれは、はまりますっっ!!!

2m~4mの高さで、ロープなどの支えなしで登るスタイルを「ボルダリング」と呼ぶそうです。
それぞれの石にカラフルなシールが付いていて、登っていく順番などのルールを示しています。
シールの色別に難易度も異なっていて、初心者から上級者まで、たくさんの人が楽しめるようにできています♪

もちろん、ただ闇雲に登るだけではダメで、
登っていくルートや、手足の持って行き方、カラダの重心の移動など。
ゴールまでたどり着くには、かなり頭を使います!
そして、登りきった時の達成感はカクベツです!!!

驚いたのは、小学生の子供たちがたくさん!
お家でゲームなんてしているより、とってもいいなぁと、うれしくなりました♪

小さい子では、幼稚園児くらいの子も。
アスレチック感覚で楽しんでいましたよ♪

ファミリークライマーも何組かいて、競い合ったり、真剣に攻略法を話し合う姿が素敵でした♪

熟練のクライマーさんたちは、見ているだけで勉強になります!
カラダの動かし方や、重心の持って行き方がとってもスマートなんですよね。

ボルダリングにチャレンジしてみて、カラダの中心を探す行為、大切だなぁと改めて実感。
何をやってもyogaに返ってくる。yogaのヒントになる。もちろん、逆もしかり。
いろいろなことに挑戦するって、いろいろな意味で自分を広げる行為なんですよね。

またまた定期的に通わなきゃいけない場所が増えました♪
(いつかアウトドアで岩を登る日がくるかも・・・!?)
b0120173_17413189.jpg
[PR]
by manzanaroja | 2008-09-22 17:41 | Encuentro<出会い・発見>

サーフィンあれこれ

b0120173_20151133.jpg

不景気ですね。
不動産業界の会社に勤めているので、特にひしひしと感じます。
次はいつ自分の身に…?
とっても不安な一方で、会社が潰れたら自由な身じゃない!
そうしたらまたスタート地点、何をしよう??
なんて、少しワクワクしている自分もいたり。
幸か不幸か。
のんきな性格です。

お暇な時間もやはりあったりして、サーフィン、サーフィン。
苦手な情報収集にも熱が入ります。

いよいよ飽きてくると、久々に学生時代に戻った気分で EL PAIS(スペインの新聞)とにらめっこ。
不思議ですよね、同じ記事でも言語によって表現の仕方が違うので、
スペイン語の方が内容をよく理解できたりもします。
勉強不足の頭にはいい感じ。

ショックだったのは、スペインの中学生世代の子供たちの死因に、自殺が増えているという記事。
第3位だそうです。
どの国も、子供たちがストレスを抱えやすい時代なのですね。
心を健全に育てていくにはどうすればいいのでしょう。
大切な課題です。

…とまあ、あれこれあれこれ考えてしまいます。

これはきっと、今後の人生を考えるいい時間なのでしょうね。
悪い状況は、いつでも逆手に取って自分のものにしていかないとっ!

いずれにせよ、社内の重たぁーい気を吸収し、どっと疲れる・・・。
yogaでリフレッシュして、自分磨きに励みたいと思います♪
[PR]
by manzanaroja | 2008-09-17 20:15 | Vida cotidiana<日常>

カラダを知る

アシックスのショップへ。
持っているシューズで長時間走っていたら、とってもつま先が痛くなってしまい(涙)
ちゃんとしたランニングシューズを手に入れよう!
まずは、サイズ合わせとデザイン選びの参考に、ふらり♪

・・・そんなつもりだったのですが。
感動!!!

足のデータを測ってもらい。
細かい分析データをもらい。
自分の足の特徴を詳しく教えてもらい。
シューズ選び、普段のパンプス選びのコツを教えてもらい。
自分に合ったシューズの履き方を伝授してもらい。

目からウロコです!
「こんなことありませんか?」と聞かれると、
「そう、そう、そう!そうなんですぅーー!」なことばかり。
密かに悩んでいたことをズバッと解決してもらった感じです。
これぞプロの仕事ですね。

日本人でちゃんとしたサイズ選びができている人は、
ほんの1割か2割程度なんですって。

自分のカラダについて、私たちは一体どれだけのことを知っているのでしょう?
知ること、気づいてあげること、大事ですよね。
名前で呼ぶと、その人との信頼関係が深まるように。
自分のカラダも、存在を知り、意識してあげることで、自然と機能性が高まるそうです。

yogaをやっていると、どんどんカラダに興味を持っていきます。
カラダの中のいろんな存在に気づくから。
そして、自分のカラダ、みんなのカラダを自然と大事に思うようになるんです。


自分に合ったシューズを手に入れ、気持ちが大きくなったか!?
10kmマラソンにエントリーしました♪
練習がんばらないとね!
b0120173_17375317.jpg
[PR]
by manzanaroja | 2008-09-05 17:37 | Yoga

すきま

青山霊園を歩く。
つくつくぼうしの声が心地よく響いてる。
なんだかほっとします。
安らかに眠る御霊たちが優しく包んでくれているのでしょうか。
ぎちぎちに詰まったココロに、ふわっと空間が生まれたような感覚を覚えます。

ひとは、すき間を見つけるとついついそこを何かで埋めたくなります。
ぎっしりと詰まったスケジュール帳。
ぎっしりと詰まった本棚。
たくさんのモノを抱えている自分に満足する瞬間、経験があります。

「すき間は埋めてあげなくちゃいけないもの。」
そう思っていたりしませんか?

でも、すき間がなくなった途端に、そこには何も生まれなくなってしまう。
実は、すき間(空間)がすべての出発点なんですよね。

はじめに空間があり。
そこに風が生まれ。
火が生まれ。
水が生まれ。
土が生まれる。
・・・そして私たちが存在する。

yogaでも、「スペース」を意識して練習します。
骨と骨の間、とくに背骨1本1本の繋ぎ目の空間は重要です。
空間がないとギシギシと擦れ合って怪我をしやすい動きになってしまう。
ほんの少し空間を意識するだけで、動きは滑らかになって、
身体全体が軽くなった感覚が味わえるんです。
b0120173_172176.jpg
ココロもおなじ。
すき間がなければ、幸福感が湧き上がる余地もない。

日常生活もおなじ。
すき間がなければ、新しい挑戦や発見は生まれない。

すき間を埋める行為もとても大切だと思います。
でも、すき間を作ってあげることにも目を向けてあげたい。
どんな方法でもいい。
新しい何かを生むための空間を持っていたいですよね。
[PR]
by manzanaroja | 2008-09-01 17:21 | Yoga